帽子を被ると髪型が崩れる!前髪もぺったんこ!崩れにくいアレンジは?

      2017/04/19

e6edecc9bec1e78c49df6b063295cb75_s
帽子を被ると髪型がどうしても崩れてしまいますよね。

トップや前髪がぺたんこになってしまったり、
せっかくアレンジした髪型がぐしゃぐしゃになってしまったりで、
出先で帽子を脱ぐ場面があると、ひやっとします。

こちらでは、帽子を被ったときに、髪型が崩れないようにする方法と、
ヘアアレンジをご紹介します!

スポンサードリンク
  

帽子を被ると髪型が崩れる!崩れない方法は?

◆帽子は少し大きめのを被る

帽子のせいで髪型がぺしゃんこになったり、崩れたりするのは、
帽子のサイズのせいかもしれません。

帽子がピッタリだと、それだけ髪が抑えつけられた状態が続いてしまうので、
髪型が崩れやすくなります。

まずは、帽子のサイズを少し大きめのものを被るようにしましょう。

◆被りっぱなしにしない

長時間抑えつけたままでいると、それだけぺったんこにりやすいです。
暑い時期は、蒸れて髪が濡れてしまう原因にもなりますので、
風を通す意味でも、こまめに脱ぐのがポイントです。

◆スタイリング剤は、スプレーにする

朝はワックスなどではなく、軽いスプレーでスタイリングするのがおすすめです。
その方が、崩れた時に直しやすいです。

◆はじめから崩れて大丈夫な髪型にする

アレンジは、初めからぺちゃんこでも大丈夫な髪型にしておくか、
逆にふわっとさせた髪型にセットしておくと、脱いだ時に、違和感がありません。

帽子を被ると前髪がぺったんこに!どうする?

帽子を被ると、得に前髪が気になりますよね。
前髪がぺったんこにならない方法をご紹介します。

◆浅く被る

帽子は、大きめのサイズを用意し、被る時は浅く被ります。

◆前髪をアレンジしておく

前髪が長ければ、アレンジをしておくのもおススメです。

・編み込みをする
・ねじってピンで留める
・カーラーであらかじめふんわりさせておく
・オールバックやポンパにする

◆分け目を逆にしてみる

分け目をいつもと逆にして帽子を被ります。
帽子を脱いだ時に、分け目を元に戻すと、少しふんわり感がでます。

◆諦める

諦めて、脱いだ時に、ピンやバレッタなどで留めたり、
アレンジをする。

もしくは、ミストや固めのワックスを使って、直します。
根元に空気を入れるように、揉み混むといいですよ^^

スポンサードリンク

帽子を被る時の崩れにくい髪型のアレンジは?

帽子を脱いでもぺたんこにならないヘアアレンジは、

・ハーフアップ
・1つくくり
・三つ編み
・くるりんぱ

ハーフアップやシンプルに一つくくりにして、
トップを引き出しておくだけで、ボリュームアップして見えますし、
これなら、簡単なので、誰でもできますね♪

くるりんぱも、誰でもできる簡単アレンジで、
多少崩れても、むしろこなれて見えるので、おすすめです^^

三つ編みなども、崩れてしまったら、ほどいて、
ウェーブヘアを楽しむという方法もできますよね^^

まとめ

夏などの暑い時期は特に蒸れて水分を含んだ髪がペタンコになったりしますが、
さっとくくって、トップを引き出したり、ピンやバレッタでまとめたりすることで、
脱いだ時でも、恥ずかしい状態が解決されそうですね^^

日焼け防止のためにも、ぜひ帽子をたくさん被ってみてくださいね♪

スポンサードリンク

 - 生活 ,