日焼け対策

日焼け防止の帽子!自転車で飛ばない工夫と髪型が崩れない方法とは?

投稿日:

日差しが強くなってくる5月ころから、日焼け防止策として、

帽子を被っている人も多いですよね。

特に、自転車での通勤や、子供の送り迎えを自転車でしているママさん、

自転車ってすっごい焼けますよね。

今年は、自転車でもしっかり帽子を被って、紫外線対策していきましょう!

スポンサードリンク
  

日焼け防止に帽子は自転車に乗る時の必需品!

自転車に乗るときは、日傘もさせないし、手で光を遮ることもできないし、

かなり紫外線に対して無防備な状態ですよね。

顔が焼けてしまうのはもちろん、首や頭皮までも焼けてしまって、シミができたり、

髪が傷んでしまうことも!

自転車に乗るときには、帽子が手軽で簡単にできる日焼け防止策です!

特に、首の後ろまで隠せて、

顔全体を影にすることができるつば広のタイプが重宝します。

大事なのは、帽子がUV加工されているか?というところ。

UV加工の帽子を被ることで、更に紫外線を遮ってくれるので、

日焼け止めと一緒に、UV加工の帽子で2重で紫外線対策をしましょう!

日焼けをしたくない!帽子が飛ばないようにする工夫は?

先ほど、つば広タイプがいいと言いましたが、

自転車だと、つば広タイプのものって、すぐ飛んでいってしまいますよね。

でも、飛ばないようにする工夫がありました!

それは、帽子の内側に100均などで購入したコームを付けることです。

内側にコームを付けて、被るときに、コームで髪を止めればOKです!

他には、帽子の前側に輪にしたヘアゴムを縫い付けて、

それを帽子を被る時に、ヘアバンドのように耳の後ろからうなじにかけてひっかけます。

スポンサードリンク

そうすることで、飛びにくくなりますよ♪

後は、飛びにくい帽子も販売されています。

中に大きさを調節する紐がついているタイプで、自転車に乗るときに、

キュッと紐をきつめにすると、飛ばされないです。

帽子を被っても髪型が崩れない方法とは?

帽子を被ると、どうしても髪型が崩れてしまったり、

前髪がぺっちゃんこになってしまったりして、

帽子を被るのはいいんだけど、脱ぐのは、ちょっと・・・ってなりますよね。

特に、前髪は気になる部分です。

大き目の帽子を被っていればいい。というのは、よく聞きますが、

大き目の帽子は自転車に乗ってたら、すぐ飛ばされてしまいますよね。

絶対に崩れない!という方法はやはり、ないと思いますが、

ちょっとマシにはなる!という方法をご紹介しますね。

1、もう初めから、ポンパやオールバックなど、上にあげておく。

2、前髪をまいておく。ぺちゃんこがマシになります。

3.いつもと逆の分け目にして、脱いだときに元の分け目にもどす。
  こうすることで、すこし、ふわっとします。

4.得になにもせず、脱いだらミストで直す。

5.とりあえず、脱いだら、ピンやバレッタなどで、止めてしまう!

以上です。どれも、明日からできますよね^^

自分の髪にはどれが一番合うか、色々試してみてくださいね♪

まとめ

帽子を被ると、髪がぺちゃんこになるから・・・とか、

自転車で飛ぶから・・・といって、被らないでいると、

日焼けして、シミができたりなんかしてから、後悔することになるかもしれません!

スポンサードリンク

しっかりと、帽子を被って、日焼け防止してくださいね♪

スポンサードリンク

-日焼け対策
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

a127887595dfa8fbca2b93192853b6c0_s

男の日傘は気持ち悪いは昔の話!さすと恥ずかしい?使用者の口コミは

直射日光が当たると、本当に体感温度が高くなりますね。 特に、通勤や営業の外回り、スーツを着ていて、暑い! スポンサードリンク 会社や取引先についたころには、汗だく・・・なんてことになっていませんか? …

dab64bfe00f4fa97caa87c27fe0cb04c_s

自転車で飛ばない帽子はコレ!紐が重要ポイント!?UV対策も必須!!

日差しが強い季節になると、自転車に乗るときのUV対策は、 やっぱり帽子を被ることですよね。 でも、困るのが、坂道や風が強い日は、帽子が飛んでしまう! 危険だし、飛ばないか冷や冷やしながら被るのも面倒で …