ラッシュガードに入った砂の取り方はコレが簡単で速い♪

投稿日:

84476fcd00f73a397a5200a39d25bf26_s
海にラッシュガードを着ていくと、ラッシュガードに砂が入り込んでいて、
普通に水で洗ったり、洗濯機で洗っても取れない!という事ありませんか?

白や薄い色のラッシュガードだと、黒い砂が点々と入り込んでいて、
見た目はまるでカビが生えたよう・・・。

次に着るのは、ちょっと恥ずかしいですよね・・・。

こちらでは、砂を簡単にとる方法をご紹介しますので、ぜひ、やってみてくださいね♪

スポンサードリンク
  

ラッシュガードに入った砂の取り方は??

では、さっそくですが、ラッシュガードの砂の取り方をご紹介します!

まずは、海・川から帰ったら、ラッシュガードはお風呂や洗面所で手洗いしてください。

溜めた水の中で揉んだり、振り洗いするだけでも結構落ちます。

そのあとは、干して乾かします。乾かした状態がコレです↓

IMG_8348

まだ、落とし切れていない砂が、カビみたいに見えますよね。

IMG_8350

さっきの部分の生地を引っ張って伸ばしてみると、
まだたくさん、砂が入り込んでいるのがよくわかります。

この引っ張った状態で、指ではじいたり、叩いたりすると砂が落ちます。

IMG_8351

一度乾かすことで、砂が落ちやすくなります。
よくみると、ラッシュガードのタグにも同じことが書いてありました^^

IMG_8369

でも、この方法は、かなり地道で、広範囲にやるのは、大変ですよね・・・。
しかも、家族分、全部やるのは、疲れます。

そこでもう少し、広範囲の砂を手っ取り早くとる方法を考えてみました!
ただ、生地が傷むのが気になる方は、やらない方がいいかもしれません。

スポンサードリンク

広範囲の砂をもっと手っ取り早くとる方法は?

IMG_8353

画像がわかりにくいですが、濃グレーのラッシュガードです。
今回行った砂浜の砂は白が多かったのか、生地が白の砂でキラキラして見えます。

IMG_8355

少し、生地を引っ張ってみると、砂が浮き出てきます。
でも、まだ、挟まっている状態で、ポンポン叩くだけでは、簡単に全部とれません。

IMG_8362

そこで、この砂が浮きでてきた状態で、コロコロをしてみました!

コロコロがフローリング用なのは、お気になさらず^^;
コロコロの衣類用というのも売っているので、衣類用でやるといいと思います。

IMG_8368

何度かコロコロすると、簡単にほぼ取れました。
ベターっと転がすよりは、ペタッペタッペタッと短めに転がすほうが取りやすかったです。

生地を引っ張った状態でやるとより取りやすかったんですが、
引っ張りすぎて、少し生地がヨレてしまったので、引っ張りすぎには注意して下さい!

これで、指ではじくよりは、楽に早く広範囲の砂を取ることができました♪
コロコロをしたことでの、生地の毛羽立ちは、うちのラッシュガードではありませんでした。

試してみようという方は、目立たないところで、ペタペタやってみて、
生地に傷みがでないか確かめてから、やってみてくださいね^^

最後に

全部取り切れなくても、得に次に着たときにチクチクするとか、
痒くなるとかいうこともなく、問題なく着ることができたので、
ある程度は仕方ないと思えば気は楽ですよ^^

海に行けば、また砂も入りますしね。

ちなみに、さっきの濃グレーの写真でわかってもらえるように、
濃い色のラッシュガードだからって、砂が入り込んだのが、分からないわけではないんです。

白い砂は、黒の生地にはいると光って見えます。

でも、白生地に黒の砂が入って、黒カビのように見えるよりはマシなので、
次に買う予定があるときは、濃い色を購入するのがおススメです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

夏の化粧崩れの対策!ファンデーションの塗り方と崩れた時の直し方!

スポンサードリンク 夏は、汗や皮脂が出やすく、昼頃にはもうファンデーションがドロドロ・・・ そんな事よくありますよね。 小まめに直せたらいいんですが、そう何度も化粧室にも行ってられないし、 なるべく、 …

キャンプでクーラーボックスの大きさは何L必要?選び方とおすすめは?

キャンプに行くときに、欠かせないのはクーラーボックスです! スポンサードリンク でも、クーラーボックスっていろんな種類も大きさもあるし、 どれを買えばいいのか迷ってしまいますよね^^; クーラーボック …

琵琶湖花火大会の交通規制は?駐車場と車で行けるスポットもご紹介

もうすぐ琵琶湖花火大会ですね♪ 車でメイン会場近くに行く場合や、花火大会へは行かないけど、 メイン会場近くを通る予定の人には、交通規制がどうなっているのか気になりますよね。 こちらでは、会場周りの交通 …

扇風機 寝る時の使い方!向きやタイマーなど効率的な方法をご紹介!

スポンサードリンク そろそろ夜も暑い時期になってきましたね。 夜、寝る時に扇風機を使って部屋を涼しくして寝たいという人も多いと思います。 スポンサードリンク 今日は、眠る時に扇風機を使って、身体がだる …

琵琶湖花火大会 におの浜エリアへの行き方と場所取りについて!

琵琶湖花火大会で、比較的ゆっくり見られるにおの浜エリア。 子供連れや、激しい場所取りを避けてゆっくり見たい方はこちらのエリアで見るのがおすすめです。 今日は、におの浜エリアの場所や、におの浜への行き方 …