雨の日の通勤で靴ってどうしてる?長靴で通勤する女性ってどうなの?

      2016/11/11

a71d445b9e654c818a8e6f9b584226f7_s
雨の日って、通勤のときに困りませんか?
そう!靴がびちゃびちゃになりますよね~。

特に、梅雨などの雨が続く季節になると、靴が濡れたら、なかなか乾かないし、
本当にイヤになります。

会社に着いたときに、足がびしょびしょに濡れてしまっているのもイヤですよね。

みんなは一体どうしてるんでしょうか?

ぜひ、参考にして、雨の日でも快適な通勤をしましょう♪

スポンサードリンク
  

雨の日の通勤で靴ってどうしてる?女性の場合は?

通勤時に上手に靴の雨対策をしている女性は、やっぱり、レインシューズを使っています。

もちろん、田植えとかで履いているようなゴムの長靴のことではありません!

通勤でも使えるレインシューズのタイプをご紹介します!

1.パンプス型のレインシューズ

一見、パンプスにしか見えないんですが、大雨でもしっかり撥水してくれます。
しかも、最近は、長靴=蒸れるという感覚もなく、中がクッションになっていたり、
履き心地も通気性もいい!という商品もあります。
もちろん、晴れの日に履いてもOKなので、お得感があります♪

雨の日でも、普段と変わらず、オシャレにきれいな格好をしたい!という人や、
外回りの仕事で、取引先の方と会う必要があるので、
「それ、長靴でしょ」って思われるのが困る方には、ピッタリです。

ただ、弱点は大雨です。
撥水はしてくれますが、足の甲が外に出ている面積が広いので、足の甲が濡れて、
その水が伝って、靴の中に入ってしまうという場合もあります。

なので、足の甲が濡れないくらいの雨の量なら、このタイプがお奨めです!

2.ショートブーツ・エンジニアブーツタイプ

外回りがなく、会社についてからパンプスやオフィスシューズなどに履き替える事ができるなら、
断然、こちらがお奨めです。

このタイプなら、足はほぼ濡れずにすみます^^

ショートブーツタイプは、太ももに水をはねてしまう心配もありますが、
靴の中は完璧です!

スポンサードリンク

エンジニアブーツタイプにすると、よっぽどの豪雨の中を歩くんでなければ、
足から太ももまで、雨から守ってくれますよ♪

長靴といえば、小学生の時に履いていた、柄の入ったかわいいゴムの長靴を思い出しますが、
大人の長靴はちゃんとオシャレなものもあります。

朝起きて、雨だったら、その雨用の靴に合わせて服装を考えるといいですよ♪

長靴で通勤する女性ってどうなの?

雨だから、長靴やオシャレなレインシューズを履くというのは、
今は世間的にも、OKだと思います。

ただ、会社内でそのまま履くというのは、やはり世間的にもちょっとNGです。

ブーツ自体が禁止だったりする会社もありますし、そうでなくても、
服装にあまりうるさくないような会社でなければ、ブーツタイプの長靴は、通勤で使って、
会社に着いたら、ちゃんとしたパンプスやオフィスシューズに履き替えるのがいいでしょう。

長靴・レインシューズで通勤は、やっぱり抵抗がある、
恥ずかしいと思われている方も、中にはいらっしゃいます。

そんな方の場合は、防水スプレーで対応するという方もいらっしゃいます。

何もしないよりは、それをするだけで違いますよね。
大雨には向かないと思いますが・・・。

長靴がイヤなのに、これもどーかと思いますが、レインシューズカバーというのもあります!
いつも履いている靴の上からビニールのカバーをかぶせて歩くというものです。
ビニールだけのものもありますし、ちゃんと滑らないように靴底までついているものもあり、
使い捨てできるものもあるので、お値段はさまざまですが、
急な雨の場合に、1枚持っておくと、便利そうですよね♪

最後に

通勤でも十分使えるレインシューズは本当にたくさんあります。
ぜひ、コレなら!と思えるレインシューズを見つけて、
雨で通勤が憂鬱・・・というのを減らしていきましょう~!

スポンサードリンク

>>>関連:雨で濡れた靴を乾かす方法は?早く乾かすには?便利なグッズはあるの?
>>>関連:自転車通勤で雨が降ると顔が濡れる!対策は?靴や鞄はどうする?
>>>関連:傘の撥水を復活させて長持ちさせる方法とお手入れの方法!

スポンサードリンク

 - 梅雨