夏の化粧崩れの対策!ファンデーションの塗り方と崩れた時の直し方!

   

b8e90701ec353e98e4bca40800fae3b9_s

夏は、汗や皮脂が出やすく、昼頃にはもうファンデーションがドロドロ・・・
そんな事よくありますよね。

小まめに直せたらいいんですが、そう何度も化粧室にも行ってられないし、
なるべく、朝の化粧を帰るまで持たせたい!

そんな方のために、化粧崩れの対策とファンデのもちをよくする方法などをご紹介をします!

スポンサードリンク
  

夏の化粧崩れの対策は?

対策1 保湿をする

夏になると、皮脂が出すぎるのを防ごうと思って、
肌の保湿を控えていませんか?

実は、これが皮脂が多く出てしまう原因かもしれません。

夏は冷房などで、室内が乾燥していることもあり、肌も乾燥しています。
そうすると、乾燥した肌を守ろうと皮脂を過剰に出してしまうんです。

皮脂が過剰に出てしまうと、それによって化粧崩れを起こしてしまいます。

過剰に皮脂を分泌させないために、まずは、しっかりと保湿をしましょう。
特に夜にしっかりとケアしておくと、次の日の化粧のノリが全然違いますよ^^

対策2 化粧の前に冷やす

化粧をする前に、保冷材などをタオルに包んで、肌を冷やします。
化粧水などのスキンケアの後に冷やすと、きゅっと毛穴が引き締まって、
潤いを中に閉じ込めてくれます。

また、毛穴が引き締まることで、化粧崩れがしにくくなるので、おすすめです。

対策3 産毛の処理

顔の産毛をそることで、お化粧も肌に密着しやすくなります。
産毛があると、凸凹ができてしまうので、なかなかキレイに肌に密着できず、
化粧崩れの原因にもなってきます。

対策4 乳液後はティッシュオフ

乳液後、ベタベタするようなら、ティッシュで軽く押さえてベタつきを取ってからメイクに入ってください。化粧水の場合も、付けてすぐにメイクをするのではなく、何分か置いて肌の表面を乾燥させてからメイクしましょう。

夏の化粧崩れを防止するファンデーションの塗り方は?

ファンデーションは、何を使っていますか?
夏は、リキッドファンデーションが崩れやすいと思って、
夏の間だけ、パウダーファンデーションにしていませんか?

リキッドとパウダーなら、崩れにくいのはリキッドです。
ちょっとしたコツを押さえるだけで、ファンデの持ちがずっとよくなるので試してみてくださいね。

コツ1 下地を塗る

下地を塗ることで、肌が滑らかに整える事ができます。
そうすることで、ファンデーションもピタッと肌にフィットしてくれます。

また、プリマヴィスタなどの皮脂崩れ防止をしてくれる下地も売っているので、
そういったものを使用すると便利です。
プリマの下地は、本当に塗った直後からサラサラです^^

ちょっと高いなーという場合は、Tゾーンだけに使用するなど、気になる部分にはプリマ、
それ以外の場所は普通の下地にしてもいいですね。

コツ2 叩き込む

下地やファンデを肌に塗るときは、ポンポンッと軽い力で叩いてなじませます。
パフなどを使うより、指のほうがよりフィットしてくれますよ^^

あまり強い力でやると、肌が傷むので、中指と薬指を使用するのがおすすめです。
叩き方は、下から上に肌を叩きあげるような感じでのせていってください。
これだけでも、崩れにくくなります。

また、口周りや鼻、瞼の上などには、ファンデをつけすぎない事も大切です。
ほっぺなどの広い範囲に塗ったあとで、指に少し残っているくらいの量でOKです。

取れやすい部分や、よく動く部分は厚塗りにすると余計に崩れて汚くなってしまうので、
初めから、薄くしておきましょう。

コツ3 余分なファンデは取り除く

ファンデを塗った後は、きれいなスポンジでポンポンしてください。
余分なファンデを取り除くことができて、更に崩れにくい状態にできます。

コツ4 最後の仕上げにパウダーを使う

リキッドは必ず最後にパウダーをはたいてください。
リキッドの潤ったままでは、空気中のごみも全部顔に吸着させてしまったり、化粧崩れもしやすいです。

パウダーも下から上に入れ込むようにして、お顔がサラサラになるまでしっかりはたいてください。

スポンサードリンク

夏の化粧崩れ 直し方は?

ここまですれば、思いっきり運動して汗をかいた!という場合でなければ、
お化粧も長く持ってくれると思います。

でも、やっぱり1日1回くらいは化粧直しは必要になってくるのは仕方がありません。

ただ、ヘタに化粧直しをして、汚くなってしまったのでは、意味がないので、
上手な化粧直しの仕方を覚えておいてくださいね。

◆化粧直しの仕方◆

1.テカリや皮脂が気になる所は、ティッシュで押さえておく。
  脂取り紙では、皮脂を取りすぎてしまう場合があるので、ティッシュがおすすめです。

2.乳液やUVカットの下地などを付けたコットンかスポンジで、崩れた部分の化粧を取る。
  取った後は、乳液なら、乾くまで待つか、ティッシュオフします。

3.ファンデーションを塗りなおします。
  その部分だけ濃くなってしまったりしないように、薄くつけることを意識してください。

4.最後にお直しをした場所とそうでない場所の境目がわからないように、パウダーをのせます。

化粧の崩れた上から、そのままファンデーションを乗せてしまうと、
どうしても汚い仕上がりになってしまいます。

一度汚くなった部分は取り除いてから、直すようにしましょう♪

まとめ

スポンサードリンク

ちょっとしたことですが、そのちょっとした手間で化粧のもちが変わります。
ぜひ、参考に明日から出来る事をやってみてくださいね^^

スポンサードリンク

 - ,