幼稚園の送り迎えが自転車!雨の場合はどうする?ママのレインコートは?

   

bc144f1a3fb5cf7c9f1f5fb80a45cd1d_s
幼稚園の送り迎えで、一番大変なのは、雨の日ですよね。

車や徒歩、その他の交通機関を使うのが無理!という場合は、
残るは自転車で!ということになります。

しっかり雨対策をして、安全に幼稚園の送り迎えをしたいものです。

でも、雨でも自転車で行きたいとは思うけど、子供も自分もびしょ濡れになってしまうし・・・
みんなは雨の日に自転車での送迎はどうしているんでしょうか?

雨でも濡れずに自転車に乗れる方法をご紹介します!

スポンサードリンク
  

幼稚園の送り迎えが自転車!雨の日はどうしたらいいの?

それでは、みんなが雨の日の自転車での送迎はどうやっているのか?
ご紹介しますね。

自転車の後ろに乗る子供の雨対策はどうする?

まず、子供は、自転車用のチャイルドシートに座らせていると思うので、
自転車用のチャイルドシート用のレインカバーを用意するのがおすすめです。

歩きならカッパと傘でいいんですが、自転車の場合にそれはNGです。
自転車で傘は危ないので、もちろんダメですが、カッパだけでも、絶対濡れてしまいます。

特に足の部分や顔などが濡れてしまったり、目に雨が入ってぐずったり、
園についたら、すぐ着替えないと!なんて事も。

その手間を考えると、レインカバーはとても便利です!

ちゃんと、後ろ乗せチャイルドシート用のレインカバーというものも売られています。

すっぽりとチャイルドシートが覆われるので、中の子供は濡れません。

冬の防寒対策や風対策にもなりますし、駐輪場に自転車を止めていて、
チャイルドシートが濡れるという事もなくなります。

駐輪場から園の入り口が遠い場合は、レインコートも着ていると完璧ですよね♪

ママはどうする?

ママもしっかり雨対策をしましょう!雨に濡れて風邪をひいたら、大変です!

ママの場合は、残念ですが、自転車にかぶせるレインカバーというのがないので、
レインコートやポンチョを着ましょう!

頭はレインコートについているフードを被るだけでは、実は危険です。
なぜなら、後方確認をするために振り向いても、フードは回らず、
フードの中で頭だけが回ります。そのため、視界がフードにジャマされて、後ろが見えないんです。

スポンサードリンク

なので、フードの中にひさしが付いているキャップや帽子を被り、
その上からフードを被せるのがおすすめです。
ちゃんとフードも回ってくれて、後方が確認しやすくなりますし、ひさしのおかげで、
顔にあたる雨が軽減されるので、雨が目に入って見にくいというのも軽減されます!

顔もしっかり守りたい!という場合は、雨用のサンバイザーがあります。
これなら、顔もバッチリ守れます。

レインコートにサンバイザーが一体化されているものもあります。

雨の中の自転車運転でいつも怖い思いをするのが、雨が目に入って、目を開けてられない事です。
これなら、雨も目に入らず、いいですよね。

ただ、見た目的に、恥ずかしいと思う人は、ひさし付きのレインキャップに
サングラスや花粉用メガネ、伊達メガネで代用できそうです。

靴もレインシューズにすると完璧ですよ♪

ママのレインコートは自転車ならどんなのがいい?

通常のレインコートであれば、丈が長い目のものだと、足もカバーできるので、おすすめです。
ポンチョタイプも被るだけで楽ですし、見た目も可愛いので、いいですよね。

ただ、ポンチョの場合は、風でバサバサなびいてしまったり、めくれてしまったりと、濡れやすいです。
また、丈が長いと、車輪に挟まらないかが心配なので、しっかり確認をしてから使用してみてくださいね。

自転車用のレインコートやポンチョというのも売っています。
通常の物とは違って、自転車に乗る時に使うのを前提で作られています!

レインコートの場合は、手が濡れないように手までカバーできたり、反射テープがついていたり、
フードが独立していて、首が回るように工夫されているものもあります。

ポンチョの自転車用は、前かごまでスッポリ覆えたり、なびきにくいよう、通気口が付いているものも!
前かごまで覆えると、手も濡れず、足の部分にも屋根ができるような状態なので、嬉しいですね。

自転車に乗る時しか使わないのであれば、自転車用を探してみるのがよさそうですね♪

最後に

雨の日に自転車で送り迎えするのは、通常の晴れている時よりも危険が伴います。
子供さんのヘルメットの着用、いつもよりゆっくり走る。
マンホールなど滑りやすそうな物の上を通らないなど、注意してくださいね。

スポンサードリンク

歩ける範囲なのであれば、無理に自転車に乗らずに、小学校に上がった時の練習のためにも歩くのもいいですよ♪
雨の時に歩くだけでも、子供は色んな発見をしたり、ちょっと濡れるのも楽しかったりもします^^

スポンサードリンク

 - 梅雨, 生活