お月見団子は何個いる?飾り方と飾る台はどうするの?

   

207842
お月見にかかせないのは、月見団子ですよね^^
この月見団子をどのように飾るのか?実はちゃんと知らない人が多いと思います。

今日は、月見団子の飾り方について、ご紹介しますね。

スポンサードリンク

お月見団子は何個飾る?

お月見団子を飾る数は、ちゃんと数が決まっています。

お月見は十五夜の夜とその一か月後にくる十三夜の夜にもするものなのですが、十五夜と十三夜では数が違うという考え方が一つ。
十五夜は15個、十三夜は13個と、非常にわかりやすい数を飾るという考え方です。

もう一つは、1年間に出る満月の数の分だけ飾るというものです。
通常では、1年の間に満月がでるのは、12回なので、お団子も12個。うるう年の場合は、13個になります。
こちらの考え方では、十五夜も十三夜も同じ数を飾ります。

お月見団子の飾り方はどうするの?

お月見団子がよくピラミッド状に積まれているのをテレビや絵などで見たことがあると思いますが、あのピラミッド状に飾るには飾り方があります。

◆15個飾る場合は3段

一段目 9個(3×3の正方形型に)
二段目 4個(2×2)
3段目 2個(正面から見て、一番上の団子は1個に見えるように縦に並べる)

◆13個飾る場合は2段か3段

2段なら・・・
一段目 9個(3×3)
二段目 4個(2×2)

3段なら・・・
一段目 9個(3×3)
二段目 3個
三段目 1個

◆12個飾る場合も2段

一段目 9個(3×3)
二段目 3個


スポンサードリンク

お月見団子を飾る台はなんていうの?

イラストや写真などで見ると、お月見団子は、木の台のようなものに飾られていますよね。
この台の名前は「三方(さんぽう)」といいます。

この三方は、神事などでお供え物を載せるための台です。三方に穴があいているので、三方と呼ばれます。
4つ穴が空いている四方(しほう)というタイプもあります。

お月見の時は、この三方にお団子を飾り、お供えをします。
三方にお団子を載せるときは、奉書紙(半紙やてんぷら紙で代用可)を折って敷いてからお団子を飾ります。

三方がなければ、お皿でも代用可能ですが、毎年お月見をするなら、購入するのもアリですよ^^
お正月の鏡餅を載せるのにも使えます!

木製 三宝 白木 6.0 211036a【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】[fs01gm]fs2gm【RCP】

価格:2,080円
(2016/7/11 22:31時点)

まとめ

お月見団子の飾り方、意外と簡単ですよね^^

ぜひ、参考に月見団子を飾ってお供えをして、お月見を堪能してくださいね♪

スポンサードリンク

 - 行事 ,