母の日の花の保存とドライフラワーの作り方で色をキレイに!飾り方も

   

母の日や誕生日、記念日などにお花を貰うことってありますよね。

せっかく、もらったお花なので、長く楽しみたいと思うけど、

切り花だと、その寿命は短いですよね。

しおれたり、枯れたりする前に、なんとか、長く保存できる方法をとりたい!

スポンサードリンク
  

母の日などに貰った花の保存はどうする?

まず、お花をもらって、取っておきたいという時に、

一番に思い浮かぶのは、ドライフラワーですよね。

ドライフラワーは比較的簡単に誰でも作ることができるので、

実物をそのまま残しておきたい場合におススメです。

次に、ちょっと難しいんですが、プリザーブドフラワーにするです。

プリザーブドフラワーは、お花を脱水作用のある専用の液に浸して、

一度脱色させ、また好みの色の着色液に浸すことで、色をつけ、乾燥させます。

作業自体は、簡単ですし、長く保存することができます。

押し花という手もありますね。

実物がなくてもいい!何かの時に、貰った時の喜びとか思い出を思い出せれば。

という思いなら、写真を撮りましょう。

私は、結婚記念日に旦那さんからもらった花束をスマホで撮って、待ち受けにしています。

毎日、キレイな花束を見られることができます。

ドライフラワーは作り方によって色がキレイに!

ドライフラワーは色あせが一番気になりますよね。

スポンサードリンク

せっかくもらったお花の形を残せても、色があせてしまって、枯れたようにみえなくもない。

せっかくなら色もキレイに残したいですよね。

一般的に、みんなよく知っている風通しの良いところにつるしておく。

というやり方ではなく、シリカゲルを使って、ドライフラワーを作ってみましょう。

シリカゲルは乾燥材です。

ドラッグストア、園芸店、お花屋さんなどで簡単に入手できて、

作り方も、簡単です。

タッパーなどの容器にシリカゲルをひいて、茎を落とした花を置き、

その上に、またシリカゲルを丁寧に入れて、花をシリカゲルで埋めてしまいます。

それから、1週間ほど放置して出来上がりです。

通常の吊るすやり方より、シリカゲルでやったほうが、

色がキレイに残ります。

ドライフラワーの飾り方は?

せっかく作ったドライフラワーなので、かわいく飾りたいですよね。

飾り方をいくつかご紹介します!

1.束にしたドライフラワーを吊るす。
2.花瓶に挿しておく。
3.リースを作る。100均などでリースの土台を購入して、グルーガンなどでドライフラワーを接着していきます。
4.額のガラス面をとり額の中にドライフラワーを貼りつけて、飾る。
5.グラスにドライフラワーを入れ、レジンをそそぎ、固めてしまう。

まとめ

せっかく、プレゼントしてもらったお花なので、

スポンサードリンク

上手に保存できるといいですね♪

スポンサードリンク

 - 母の日