アウトドア

冬キャンプのテント選びとテントのおすすめをご紹介!防寒対策はどうする?

投稿日:

ebda6562e3da3eb5ae9d8beda75a09e3_s

今年は、冬のキャンプに挑戦してみよう!と思っている方は、まずどんなテントがいいのかな?普通の夏に使っているテントじゃ防寒できなくてダメなんだろうか?冬のキャンプにはどんなテントがいいんだろう??と悩みますよね。

そんな方のために、冬キャンプのテントについてまとめました♪ぜひ、テント選びの参考にしてみて下さいね♪

スポンサードリンク

冬キャンプのテント選び!どんなのがいいの?

テントには冬用の温かいテントというものはありません。でも、防寒対策としてできるテント選びの仕方はあります!

なるべく、テントの中を暖かくするために、賢いテント選びをしましょう♪

◆冬のテント選びのポイント!

◆天井が低くスペースも狭いテント

暖かい空気は、上の方に溜まるので、天井が低いものがおすすめ。
そして、広さも収容人数ピッタリくらいの広さのものだと、人の熱でテント内の温度も上昇しやすいです。

◆2ルームテント

寝る場所が温かくても、食事をする場所が外だと寒くて楽しさも半減ですよね。
食事をしたり、起きている間、暖かく過ごせるように、ツールームタイプで寝室とリビングスペースに分けられるテントがおすすめです。
リビングスペースが広いものだと、ずっと中で過ごせますし引きこもりたい場合にもいいですよね♪しっかり締めきれるタイプのものを選ぶといいですよ^^

◆ベンチレーター(通気口)付のテント

ストーブなどの暖房器具を使おうと思っている方は、ベンチレーター(通気口)があるものにする煙も抜けてくれるのでおすすめです。テントの結露防止の対策としても有効です。
ただし、密閉されたテント内でストーブなど火を使うと、一酸化炭素中毒になる恐れがあります。最悪、亡くなるケースもありますので、テント内での火の取り扱いは慎重にしないといけません。
ベンチレーターがあるからといって、安心せずに換気に注意しましょう。

◆ダブルウォール構造のテント

ダブルウォール構造のテントは、インナーテントとその上にかぶせるフライシートがついているものです。テントとシートの二重構造なので、結露がしにくく、防寒対策にもなります。

◆スカートが長いテント

スカートと呼ばれているテントの下の部分が短いと、そこから隙間風が入ってきます。
スカートが長くてしっかりしたものにすると、隙間風を抑えられて、室内を温かく保てます。

冬キャンプのテントのおすすめはコレ!

では、実際に、冬キャンプでおすすめのテントをご紹介します!

◆ノルディスクのティピーテント

NORDISK(ノルディスク) Alfheim 19.6 アルヘイム

ティピーテントはワンポールテントとも呼ばれていて、名前通り、ポール1本はだけで設置できます。設置や撤収が簡単なのが魅力です!
見た目もとってもオシャレで、憧れている人も多いと思います^^
天井には、ベンチレーターがついていて、幕内で火を焚いても、煙が抜けてくれます。空気循環もされ、結露もしにくいです。

◆コールマンの2ルームテント

コールマン Coleman タープテント ラウンドスクリーン2ルームハウス

リビングスペースも広く、快適です。家族で過ごすのにもピッタリですよね♪
設営は少し時間がかかるかもしれませんが、広さと機能性を考えれば、苦にはならないと思いますよ^^

◆小川キャンパルのシェルター ラナ

オガワ ドームシェルター ラナ[ ogawa campal 小川テント 小川キャンパル シェルター

手持ちのシングルウォールテントなどがある場合は、シェルターを買い足すのもおすすめです。シェルターの中に小さいテント張って寝室を作る事ができます。
シェルターが風をシャットダウンしてくれて、冷たい外気から守ってくれるので、普通のテントだけよりは温かく過ごせます。これも一種の2重構造になるので、結露対策にもなりますよ^^


スポンサードリンク

冬キャンプのテントで防寒対策はどうする?

冬キャンプの防寒対策はテントだけで賄えるものではありません。上記でご紹介したもの以外では、テント以外の所で防寒対策をしっかりする必要があります。

特に寝る時の寒さ対策は、しっかりとしないと、寒くて眠れない!ということになってしまいます。しっかりとしたシュラフ(寝袋)を用意することと、地面からの冷気の対策をしましょう。

起きている間は、暖房器具を使うなどもいいですが、密閉空間で火を使ったりすると、一酸化炭素中毒の心配があるので、換気に気を付ける必要があります。
心配な場合や、キャンプ初心者の方の場合は、電源があるキャンプ場を選び、電気カーペットなどを使ったり、危険のない暖の取り方をするといいですよ^^

まとめ

冬キャンプは、夏とは違う魅力がたくさんです!
澄んだ空気、キレイな星空、幻想的な雪景色・・・虫も人も少ないし、現実とは少し離れて、まったりできそうですよね^^

スポンサードリンク

自分にピッタリなテントを用意して、冬キャンプを楽しんできてくださいね♪

スポンサードリンク

-アウトドア
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

09f08e7951e25758e969927ea3aa88f0_s

バーベキューの火の起こし方のコツ!火おこしで一番簡単な方法も紹介

バーベキューの時に、炭に火がなかなかつけることが出来なくて、困っていませんか? 今日は、誰でも簡単に火をつけられる方法をいくつかご紹介します! スポンサードリンク スポンサードリンク なんの苦労もなく …

1ab91d678b30ac8ecf3073ed3be6786f_s

バーベキューの服装は女の子すぎる格好はNG?靴は?エプロンはいる?

暖かくなってくると、バーベキューに誘われる事も多くなりますよね。 スポンサードリンク バーベキューにあまり行った事がないと、服装ってどうしていいか悩みます。 特に、目上の人がいるバーベキューだと、あま …

4dd0dae76db1fd15cdfbeaa2dfe63e9c_s

バーベキューに持って行く差し入れのおすすめと喜ばれるもの人気なもの

バーベキューの時期になると、自分が主催じゃなく、バーベキューするからおいで~と、お呼ばれすることもありますよね。 スポンサードリンク 特に旦那さんの会社関係だったり、お友達関係が主催だったりすると、何 …

1ab91d678b30ac8ecf3073ed3be6786f_s

バーベキューメニューのおすすめは?簡単・人気のデザートとは?

暖かくなると、バーベキューをする人が増えてきますよね。 スポンサードリンク 美味しくて、楽しいバーベキューですが、メニューがいつも同じになりがち・・・。 次のバーベキューは、いつもとは少し違うメニュー …

76da134d84fd4c19ceafe8105332df60_s

バーベキューの肉の量はどれだけ必要?種類は何がいい?下ごしらえは?

バーベキューをするときに、悩んでしまうのが、一番大事な肉の量! スポンサードリンク 多すぎても困っちゃうし、少なすぎて、物足りない・・・というのでは、 せっかくバーベキューしたのに、なんだか悲しいです …