七五三は男の子も3歳でするの?満年齢でもいい?前撮りはいつ頃する?

   

292177

子供の成長をお祝いし、今後の健康を祈願する七五三。
家族でしっかりとお祝いしてあげたいですよね。

でも、ややこしいのは、男の子です。
3歳と5歳でお祝いするという意見もありますし、5歳だけというのも。
一体、どっちが正しいのか?どうすればいいのか?をご紹介します。

スポンサードリンク

七五三は男の子は3歳でもするの?

男の子の七五三は、5歳だけすればいい!という人と、3歳もするんだよ!という人もいたりして、どっちが一体正しいのかわからなくなりますよね。

でも、七五三の元々の由来から考えてみると、その答えがわかります。
七五三の由来というのは、江戸時代のまだ子供が無事に大人になるのが難しかった時代に、
その子がこれまで無事に成長したお祝いと、これからも健やかに成長できるよう神様にお祈りするというものでした。

その儀式が、3歳で男女ともに「髪置」、5歳で男の子は「袴着」、7歳で女の子が「帯解」というものです。このことから考えると、男の子も3歳でお祝いをするのがよさそうですね。

ただ、現在では、地域によって3歳のお祝いはせず、5歳のお祝いだけをするという場合も多くありますので、絶対に3歳もお祝いしないといけないということはありません。
どうするかは、その地域の地域性や、両方のご両親とも相談して決めるといいですね。

ちなみに、私は、3歳でもやるのが一般的という解釈をしていたのと、3歳のかわいい着物姿を写真に残したいということで、5歳しかしないという意見の義両親に不思議な顔をされながら、3歳もお祝いをしました^^

七五三は満年齢と数えのどっちでするのがいいの?

七五三のお祝いをする時に、もう一つ迷うのは、満年齢でお祝いするのか、数えでお祝いするのか?ですよね。

昔は、数えで年齢を数えていたので、数えでお祝いするのが本来ですが、現在は、満年齢でお祝いするほうが多いです。

というのも、3歳のお祝いをする場合、数えでお祝いしてしまうと、実年齢2歳ということになりますよね。
2歳はイヤイヤ期真っ最中。慣れない着物を着て、神社で祝詞をあげて貰って・・・なんて、大人しくしてくれる子は少ないかと思います^^;

その点、1歳でも大きくなっていれば、まだ我慢できる時間も多くなりますし、連れて行くママ、パパも楽ですよね。

しきたりを重んじるご家族なら、数えでするほうがいいでしょうが、そうでもなければ、満年齢でお祝いするほうがいいと思いますよ^^


スポンサードリンク

七五三の男の子の前撮りはいつがいいの?

七五三といえば、神社でご祈祷をしてもらうのがメインではありますが、記念にしっかり写真館などで撮影をしてもらうという人も多いです。その場合は、神社でご祈祷をしてもらう日とは別の日に撮影だけをしてもらう前撮りがおススメです。

ご祈祷当日になると、着物を着る時間も長くなり、子供が疲れて、最後はグズグズ・・・という事にもなりかねません。

前撮りをする時期は、夏に真っ黒に焼けてしまう前に、前撮りを済ませてしまうという人も多く、撮影スタジオによっては、夏頃に取ると、早割といって、いろんな割引やサービスを受けられる場合もあります。そういったところで撮影してもらうとお得ですよね^^

まとめ

男の子の七五三は、3歳と5歳が本来の習わし。
ただ、地域によっては、5歳だけお祝いをするという場合もあるので、家族で話し合って決めるのが最良。

数えか満年齢か?では、現在では満年齢でする人が多い。昔は、もちろん、数えでやっていたので、きちっとしたい人は、数えでも。ただ、満年齢の方が何かと楽に動ける。

前撮りは、ご祈祷とは別日で。せっかくの写真なので、真っ黒に日焼けする前に撮影するというのもおすすめ。夏頃までは、早割などの特典を受けられる写真館もあるので、チェック!

スポンサードリンク

 - 行事