ストレス発散する方法とは?

   

a71d445b9e654c818a8e6f9b584226f7_s

毎日、ストレスを溜め続けていませんか?

なんとか、ストレスを発散したいけど、
どうやってストレスを発散したらいいのかわからなくなる時ありますよね。

こちらでは、一人ですぐにできるストレス発散方法をご紹介します!

ぜひ、自分にあったストレス解消方法を見つけていって下さいね。

スポンサードリンク
  

ストレス発散する方法って?

ストレスの発散の仕方は、人それぞれあると思います。
一人でできるストレス発散の方法をご紹介しますね^^

◆ストレス発散方法◆

・ストレスに思っていることを紙に書きだす

ストレスに思っている事や、ストレスの原因の相手の事、心に思っている事を
なんでもいいし、文章になってなくてもいいので、
思いついたままにダーーーッと書き出してください。

書き出しているうちに、スッキリします。
書き終わったら、ビリビリに破いて捨ててやりましょう!

・新聞などいらない紙をひたすら破る

不思議とストレス発散になるんです。
破いているうちに、無心になって、心が落ち着きます。
豪快にバリバリッと破いていってもいいし、地味にビリ~~~~っとやってもいいですよ。

・ぷちぷちを潰す

梱包材のプチプチありますよね?
あれを、プチプチ潰していきます。とにかく無心で。

・掃除をする

部屋をキレイに掃除して、整えるだけでも、気持ちがスッキリします。
思い切って、模様替えをしてみるのもいいですね。

スポンサードリンク

他にも色々ありますが、その前に、自律神経ってご存知ですか?
ストレス解消には、この自律神経が大きくかかわっています。

自律神経というのは、大まかにいうと、体の活動を調整している神経のことです。

ストレスを感じているとき、活動しているときに優位になる交感神経と、
リラックスしているとき、休んでいるときに優位になる副交感神経の2つに分けられていて、
普段は、必要に応じて、勝手に切り替わって働いてくれています。

ストレスを感じているときは、交感神経の緊張がとても高まっている状態です。
ストレスを解消するには、交感神経の緊張を緩めて、交感神経からリラックスの副交感神経へと切り替える必要があります。

◆簡単にできる副交感神経へと切り替える方法!◆

・寝る

一番シンプルな方法です。寝ることで、身体は自動的に副交感神経へと切り替わります。
その結果、交感神経の緊張が和らいで、ストレス解消になります。

ぐっすり寝た後は、気分もスッキリしていますよね?あれは、ストレスが発散されているからです。

嫌なことがあったら、ふてくされて寝ちゃう!というのがありますが、
あれは、理にかなっていたんですね~。

・号泣する(泣く)

ドラマや映画、小説、漫画、スポーツを見て感動して泣くでも、なんでもいいです。
ストレスに思っている事以外の事で、泣いてもいいんです。
涙を流すことは、交感神経から副交感神経へとスイッチングされたという事なので、
泣いた後は、スッキリして、ストレスが発散されています。

「泣いたら、スッキリした」ってよくいいますよね^^

コレを見たら、絶対泣ける!という映画やドラマなど、1本持っておくといいですよ~。

・お風呂に入る

38度~40度くらいのお風呂にゆっくりと浸かります。
これだけでも、副交感神経が高まってくれて、ストレス解消になります。

まとめ

スポンサードリンク

副交感神経は、リラックスしているときに切り替わるので、
他にも、自分のリラックスする方法があれば、それをやるといいですよ^^

スポンサードリンク

 - 生活