あさりの砂抜きのやり方とは?閉じたままや口が開いている貝はどう?

      2016/03/10

あさりが旬の時期になると、スーパーにも出回っていて、

手に入りやすくなりますよね♪

酒蒸し、味噌汁、バター焼き、パエリヤ・・・

どれも美味しいです!

でも、気になるのは、あさりの中の砂。

砂抜きがちゃんとできていないと、食べたときに「ジャリッ」として、

とても残念な気持ちになります。

ちゃんとしたやり方で、砂抜きをして、おいしく食べましょう!

スポンサードリンク
  

あさりの砂抜きの正しいやり方は?

準備するものは、

・水
・塩
・ザルとボール(あれば、網がついているバット)

まず、軽くあさりを洗って、ザルの上に入れます。

そこに、あさりが顔を半分出すくらいの塩水をいれます。

海水と同じ3%の塩分濃度の塩水がいいので、水500mlに対して塩大さじ1(15g)

1Lの水なら、塩大さじ2(30g)

ボールは丸いので、貝の量が多いなら、バットのほうが、

平らに並べられて、ちゃんとみんな水から顔を出せるのでおススメです。

ザルや網の上に置いておくのは、

一度吐き出した砂を再び吸い込まないようにするためです。

暗いほうがいいので、新聞紙等をかぶせて暗くしておきましょう。

また水をぴゅーと吐きますので、新聞等で蓋をしておくと、

周りが濡れません♪

後は、覗いたり、触ったりせずに、静かに放置してあげましょう。

スーパーで買ってきたものなら、1~2時間程度つけておけばOKです!

あさりの砂抜き中に閉じたままの貝ってどうしたらいいの?

一生懸命、正しい方法で砂抜きしているつもりなのに、

一向に管を出す気配もなく、閉じている貝っていますよね。

これは、もう死んでいて食べられないのかな?

砂抜きできてないし、料理しないほうがいいのかな?

と、心配になりますよね。

まず、調理前に閉じているあさりは、まだ生きています。

冷蔵庫などで冷やされて冬眠状態のものもいれば、

弱っていて、管をだす元気がない場合もあります。

スポンサードリンク

砂抜きが出来なくて、このまま料理しても、ジャリジャリで食べられないかも・・・

と心配になりますが、スーパーでパックなどに入っていて買ってきたものは、

ほとんどが砂抜きされているものが売られています。

「砂抜きをしてください」や「完璧に砂抜きしていません」というのは、

もし、少しでも砂が入っていて、クレームをつけられることを防ぐためでもあります。

なので、一度砂抜きの作業をしても砂を吐く気配がなければ、

そのまま調理しても、殆ど問題がない場合が多いので、調理して大丈夫です。

ただし、火を通しても開かないものは、死んでいた貝ということなので、

食べないようにしましょう。

あさりの砂抜きで口が開いているのは死んでるの?

調理前にあさりの口が開いているものは、「死んでいる」と、

言われていますが、これはどうなんでしょう?

口が開いているといっても、色んな開き方がありますよね。

こちらでチェックして、生きているか、死んでいるか見分けてくださいね。

1.少し開いていて、管のようなものを出している

管の部分をちょんちょんっとつついてみて、動いたり、
貝を閉じたりすれば、生きています。

反応がなければ、死んでいるので、取り除きましょう。

2.少し開いていて、管は出ていない。

貝同士でカチカチと打ち合わせてみたり、無理やり閉めようとしてみても、

閉じなければ、死んでしまっています。

3.口がパッカーーンと開いている。

これは、完全に死んでいます。

4.口が開いてないけど死んでいる場合の見分け方

・腐敗臭がする。

・貝がぬるぬるしている。

・つけていた水が白く濁っている。

・貝同士をぶつけてみて、鈍い音がすればどちらかは死んでいる。

最後に

死んだ貝を食べると、腹痛を起こしたり、食中毒を起こす場合もありますので、

スポンサードリンク

明らかに死んでいるものは、ちゃんと取り除いて調理してくださいね。

スポンサードリンク

 - 潮干狩り ,