暑さ対策ができる寝具ってどう?寝る時はどうする?エアコン以外では

   

6fa29c540319daec6481cc39b511f772_s
夏になると、夜は本当に暑くて寝苦しいですよね。

エアコンをつけっぱなしで寝ると、身体がだるくなるし、
かといってタイマーにしていても、すぐ部屋が暑くなってまたつけてしまったり。

エアコンに頼らずに、夜、涼しく眠れるように、
寝具やグッズを使って、暑さ対策をしましょう!

スポンサードリンク

暑さ対策ができる寝具ってどうなの?

夜の暑さ対策として、寝具を変えてみるだけでも、だいぶ変わります!
といっても、布団などを買い換える必要はなく、シーツやマットを購入するだけ!

そのマットにもいろいろ種類があるので、ご紹介しますね。

◆おすすめ冷感敷きマット◆

・冷感敷きパッド
接触冷感生地が使われていて、触るとひんやりする。通気性がよく洗うのも簡単。
寝る前に、部屋をクーラーで冷やしておくか、扇風機をマットに当てておくと、
さらに、ひんやりしてきもちいいです。
寝ている場所が次第にぬるくなってきてしまいますが、
ちょっと場所を移動すると、またひんやり。
ぬるくなった場所も、しばらくするとまた冷えてくれます。・ジェルマット
寝初めが得に冷たくて気持ちいいです。ただ、ぬるくなるとそこからあまり冷えません。・竹マット
竹と聞くと、ものすごく硬くて痛そうだけど、そこまで硬くはなく痛みもありません。
ただ腰痛のある人には、合わないことも。ひんやり冷たく、
寝返りをするたびに冷たさを感じられます。
ちょっと涼しい日は、朝起きたときに、逆に寒かった!というレビューも。

・寝ゴザ
涼しくて、イグサのニオイで癒される。国産のものが得におすすめ。
お昼寝用のマットもありますよ^^

敷きマットとプラスして、タオルケットなどにも、接触冷感のものを使うと、
上からも下からもひんやりで気持ちいいです。

スポンサードリンク

寝るときの暑さ対策って何してる?

寝具を買う以外にも、暑さ対策はできます!

・アイスノンなどの氷枕を使う

そのままでは冷たすぎるので、タオルを巻いて、冷たさを調節します。
首の下において、寝るだけで、だいぶ違いますよ。

・保冷材をタオルで包んで、首に巻く

ケーキ屋さんなどでもらえる保冷材でもいいので、
タオルで巻いて、首に巻くのも効果的です。
薬局などで、保冷材つきの首にまけるスカーフなども売っています。

・2Lのペットボトルにお茶か水を入れて、凍らせる。

タオルを巻いて、抱っこして寝ると気持ちいいです。
夜中にのどが渇いたときも、そのままそれを飲むこともできます^^

・ハッカ油を使う

夜寝る前に、お風呂に2~3滴ほどのハッカ油を入れて入る。
お風呂から上がった後もスッキリひんやりします。
ドラッグストアなどで500円ほどで購入できるので、お手軽です。

虫除けにも使えるので、お得♪

暑さ対策はエアコン以外でもできる!?

エアコンが苦手という人は、結構多いですが、
エアコン以外で部屋を涼しくするには、日差しを家にいれない。
部屋の空気を循環させることが大事です。

日差しをさえぎるには、すだれがおすすめ。
カーテンで日を遮るのもいいですが、そうすると、風が通りにくいですよね?
すだれなら、日を遮って、風も通してくれます。
最近では、100均でも売られているので、すぐ手に入るので、嬉しいですね♪

さらに、すだれに霧吹きなどで水を掛けておくと、その水が蒸発するときに、
周りの空気の温度を下げてくれるので、外よりも2~3度も涼しい風が入ってきます。

そして、扇風機で部屋の空気を循環させます。
その際、扇風機にぬれたタオルを扇風機の背面に掛けたり、
扇風機の前に氷水や、凍らせたペットボトルを置いておくと、
風が冷たくなるので、一度やってみてくださいね♪

最後に

スポンサードリンク

いろんな対策がありますが、どれも低コストで出来るものばかりですので、
今日からぜひ試してみてくださいね♪

スポンサードリンク

 - ,