母の日に贈る花の種類や花言葉とは?プリザーブドフラワーと生花!

      2016/03/19

f44e9f8b3548dff5eae56f32ca061b22_s
母の日にはやっぱりお花をプレゼントしたいですよね。

でも、贈る花によっては失礼な意味になってしまうこともあるって聞いたこともあるし、

特にお花好きのお母さんだと、その辺は詳しいでしょうから、

なるべく失礼にならない、喜んでもらえるものをあげたいところです。

贈り物として喜ばれるお花の種類や、

あげるのはNGなお花を調べてみましたので、

ぜひ、参考にしてくださいね♪

スポンサードリンク
  

母の日に贈る花にはどんな種類があるの?

母の日に贈る花の定番と言えば、カーネーションですよね。

カーネーション以外では、

バラやアジサイ、ガーベラ、胡蝶蘭、チューリップなどが人気です。

それぞれの花言葉には、愛や希望、尊敬、信頼など、

母の日に贈るのにふさわしい花言葉であることも人気の一つです。

毎年カーネーションというのも、もちろんいいですが、

あげる側ももらう側も飽きてしまう場合もあります。

たまには、別のあげる人の好みや自分の好みに合わせて、

他の花をプレゼントするのもいいですよね♪

母の日に贈るカーネーションの色によって花言葉が違う!

やっぱり母の日には定番のカーネーションを贈ろう!という方は、

少しだけ注意があります。

それは、カーネーションの花の色です。

母の日の由来に因んで、

白いカーネーションは亡くなった母へのためのものとされていたので、

スポンサードリンク

白を贈るのは避けるほうがいいと言われています。

また、花言葉に詳しいお母様には、黄色いカーネーションもよくありません。

黄色いカーネーションの花言葉は「軽蔑」です。

この2色には注意してください。

他の花でも、色によっては、

マイナスなイメージの花言葉がある花もありますので、

花言葉に詳しいお母さんにプレゼントする場合は、

少し調べておくのもいいかもしれません。

母の日にはプリザーブドフラワーと生花どっちが嬉しい?

母の日にお花を贈る!と言っても、

プリザーブドフラワーをプレゼントするのか、

生花をあげるのか?

生花だったら、鉢植えと花束どっちがいいのか??

迷いますよね。

選ぶ時の鉄則は、

お母様の生活スタイルやお花をお世話出来る人か?

というのを考えてみましょう。

例えば、日頃とてもお忙しくされている方だったら、

お世話のいる鉢植えは、負担になるかもしれませんよね。

なので、その場合は飾って置くだけでいいプリザーブドフラワーを贈るのがいいでしょう。

お家にいる時間が長く、

日頃からガーデニングやお花のお世話を楽しんでいらっしゃるお母様には、

鉢植えが喜ばれると思います。

そして、お花のお世話があまり得意でなかったり、

形に残るものを負担に思われたりするお母さんには、

ひと時だけ楽しんで頂ける花束がいいですね。

あげる相手のことを考えて選ぶと、
自然とどれがいいか決まってくると思います^^

最後に

母の日は、プレゼントより何より、日ごろの感謝の気持ちを表すことが大切です。

形式にこだわりすぎず、お母様のことを思って選ばれたプレゼントなら、

お母様も喜んでくださると思いますよ♪

スポンサードリンク

 - 未分類 ,