お中元をやめたい!やめどきってあるの?手紙は書くべきなの?

   

09d9ac749d698b9272b42a9384469279_s
お中元をずっと続けてきたけど、色々な事情から今年でやめたい!

でも、お中元を送るのをいきなりやめてもいいものなの?

お中元のやめ方についてまとめました。

スポンサードリンク
  

お中元をやめたい!どうすればいいの?

ずっと続けてきたお中元をいきなりやめてしまうのは、失礼なんじゃないか?
相手の方は、どう思うんだろう?など、お中元をやめるのにも、色々と悩みますよね。

しかし、お中元を停止するのは特に失礼なことではありません。

お中元は本来、お世話になった方へ感謝の気持ちを表すためのものです。
なので、もともと、必ずしも送らなければいけないものではないのです。

やめるときも、特に何もいう必要はなく、ただ送るのを止めるだけでかまいません。

しかし、長年続けてきたのに、いきなりやめてしまうと、
お相手の方が、どうしたのか?と心配されるのではないか?という事なら、
お中元を送らない代わりに、暑中見舞いを出すといいでしょう。

お中元とお歳暮の両方をお贈りしている場合は、
お中元は暑中見舞いに替え、お歳暮のみ送る。
来年は、暑中見舞いを送り、お歳暮は送らないというように、段階的にやめていくのもいいですね。

スポンサードリンク

お中元のやめどきってあるの?

お中元って毎年送っているうちに、いつやめたらいいのか?
やめどきがわからなくて、特にもうお付き合いがなくても、送り続けてしまう人も多いかと思います。

仲人さんには、3年でやめてもいいというのはよく言われている事ですが、
その他の関係の人では、現在進行形でお世話になっているか?
これからもお世話になる可能性があるのか?というところで、やめ時がわかってくると思います。

現在もお付き合いがなく、疎遠になっているという場合は、やめ時です。

また、自分の家庭の事情が出てきた場合も、やめて大丈夫です。
例えば、金銭的に厳しく感じるようになったり、子供が生まれたり、子供の進学、
移動、退職、引っ越しなどを機に一度、お中元のお付き合いの見直しをするのもいいですね。

お中元をやめたいけど、手紙は書くべき?

やめる旨の手紙は、特に必要ではありません。

やめるという事を手紙に書くのは、逆に相手に不快な思いをさせてしまう場合もあります。
なので、はっきりと、品物を送るのをやめるという内容にはせず、
通常の暑中見舞いの中に、お世話になったことに感謝をしている旨を書いて送るのがいいですね。

最後に

ずっと送っていたお中元をやめるのは、ドキドキすると思いますが、
送られてこなくなったからと言って、文句を言ったりする人はほぼいません。
もし、文句など言われても、そんな人だったんだと割り切ってしまってもいいです。

嫌だな~面倒だな~と思いながら、お中元を贈り続けるのも毎年しんどいので、
すっぱりやめて大丈夫ですよ^^

スポンサードリンク

 - お中元