雛人形のお下がりはダメ?お雛様は母親のものはどうする?

   

d9f5880bf118122b63f0954b3afb027f_s

娘さんの初節句、そろそろ準備などする頃ですよね。

女の子の節句といえば、雛人形ですが、新しく購入したほうがいいのか、母親のものをお下がりとして、娘に引き継いでもいいものなのか?悩んでいませんか?

せっかく大事にしてきたお雛様だと思うので、出来れば大事なお嬢さんにも受け継いでもらえたら嬉しいですよね。

今日は、お雛様のお下がりはダメなのか?いいのか?
母親のお雛様はどうしたらいいのか?などをご紹介します。

スポンサードリンク

雛人形 お下がりはダメ?

雛人形をお下がりとして娘さんに引き継いでもらう事は、いいのか?悪いのか?というと、本当の所は、その地域やお家によって正解が違います。

ダメというのと、いいというのとどちらの考えもあるんですよね。

「雛人形は一人に一つ。お雛様は自分の災厄の身代わりになってくれるものだから、他の人に引き継ぐとその災厄もいっしょに引き継いでしまう」

などと言われている地域やお家もあるので、やめたほうがいいという考えもあります。

雛人形を取り扱っているお店のサイトやお店の店員さんもそのように説明される事も多いです。

「お雛様は自分の身代わり」という考え方は、昔、人形に災厄を移して川に流すという風習から来ている考え方だと言われています。

でも、「もともとお雛様は代々受け継ぐもの」と考えているお家や地域もあるんです。

代々、受け継ぐものとして、おばあちゃんの代からある雛人形を今でも大事に受け継いでいるとか、江戸時代からのお雛様を引き継いでいるというお家もあったりします。

一つのものを代々、大事に受け継がれているのは素敵ですよね。

受け継がれてきている方たちは、「災厄が引き継がれるとかいう話は聞いた事がない」「引き継いだから災難があったとは思わない」など、特に厄災を引き継ぐという話を気にされてはいないようです。

お母さんが自分のお雛様を気に入っていたり、思い入れがあり、娘に受け継いでほしいと思っているなら、引き継いでもらっても問題はありませんし、むしろ素敵な事だと思います。

子供自身も、ママやおばあちゃんが大事にしてきたお雛様なんだということで、大事にしてくれるんじゃないでしょうか^^
ずっと自分を見守ってきてくれたお雛様も、次はその娘を見守れるという事で、喜んでくれそうですよね。


スポンサードリンク

お雛様 母親のものはどうしたらいいの?

もし、やはり、「災厄を引き継ぐ」という言い伝えが気になるという場合は、娘さん用に新しい雛人形を購入してあげるのがいいですね。

しばらく出し入れしたり飾ったりするのは、母親がする事になりますし、「もし自分のお雛様のせいで災厄が降りかかったら・・・」なんて心配をしながら飾るのは、辛いですもんね。

その場合、子供に新しいお雛様を買ったら、自分のお雛様はどうしたらいいのか?と心配になりますよね。

子供にもお雛様を買ってあげた場合、母親のお雛様と子供のお雛様、両方を出して飾っても問題はありません。

昔は、祖母、母、娘の3つのお雛様を飾っているというのも珍しくはなかったそうです。

場所さえあれば、7段飾りを2つ飾るというのもいいですし、娘さんには、ガラスケース入りのお内裏様とお雛様だけのものを購入して飾るなどもいいでしょう。

逆に、子供の分を7段飾りなどの大きいものにして、自分のものは、お内裏様とお雛様だけ出して飾るというようにしているお家もあります。

飾る場所も玄関や飾り棚などに飾って、季節飾りとして飾るのもいいでしょう。

場所がないという場合は、実家で飾ってもらうのでもいいですね。

どうしても、自宅にも実家にも飾るスペースがなく、収納も出来ないなら、それまでの感謝の気持ちと一緒に供養をするか、どこかの自治体や幼稚園のような施設など、寄付ができる場所を探して、寄付をするという方法もあります。

まとめ

お雛様はママのお下がりを娘に託してもいいです。

大事なお雛様を大事な娘に受け継いでもらうというのも正解ですし、災厄等気になるから新しいものを買うというのも正解です。
最後は、子供の両親の気持ちや考えで決めて、両方の祖父母にも理解してもらえるようにできるといいですね^^

関連>>ひな祭りのメニュー おもてなしにもピッタリなおかずはコレ!デザートも

スポンサードリンク

 - 行事 ,