年賀状の宛名はボールペンで書いていい?筆ペン以外の適切なペンと色は?

   

b4acc04afe34e4c575df9297fa520ceb_s

年賀状のあて名書き大変ですよね。いざ書こうと思ってみると、「あれ?そういえば、あて名書きにボールペンって使っていいんだっけ?」と不安になっていませんか?

毛筆が一番いいのはわかるけど、筆は苦手だし・・・何を使って宛名を書けばいいの?と悩んでいる方のために、今日は、年賀状の宛名書きのペンについてご説明します!

スポンサードリンク

年賀状の宛名をボールペンで書いてもいい?

普段、メモ書きなんかでも一番使い慣れているのがボールペンだと思います。
年賀状のあて名書きはたくさん書かないといけないし、自分が普段から使い慣れているボールペンを使って書ける方がいいですよね。

ただ、年賀状にボールペンで宛名を書くのは、「マナー違反だ!」と思われる方もいるので、使うのはやめておく方がいいでしょう。

ボールペンは事務用品なのでボールペン=事務的という認識の方は多く、マナーに気を付けたい相手(例えば、親戚や上司、取引先など)に出す場合はボールペンで書かない方が無難です。

特に年賀状の宛名は、太い字で力強く書くほうが縁起がいいとされているので、線の細いボールペンは向いていません。

一番、年賀状の宛名を書くのに適しているのは、毛筆だと言われています。毛筆で書けるなら、毛筆で書くのが一番ですが、筆ペンを使う方が手軽ですので、筆ペンで書いてみるといいでしょう。

年賀状の宛名を筆ペン以外で書くなら何がいい?

筆ペンで書くのが一番いいのはわかっているけど、筆ペンはなかなか上手に書くのは難しい!と思っている方も多いと思います。

私も、習字なども習った事もないので、筆ペンはかなり苦手です。
出来れば、筆ペン以外のもので宛名を書きたいですよね・・・。

でも、ボールペンは使わない方がいい、筆ペンでは書きたくないとなると、何で書けばいいのでしょうか?

答えは、万年筆です!とはいえ、万年筆も仕事などで愛用されている方はいいですが、持っていない方も多いですよね。
その場合は、次に宛名書きに適しているサインペンを使うのがおすすめです。サインペンとはペンの先が繊維でできていて、その繊維にインクが染みて文字が書けるというものです。フェルトペンとも呼ばれています。

あて名書き用のサインぺンも売られているので、探してみるといいですよ^^

また、筆ペンが苦手な方でも書きやすい筆ペンのようなサインペンもあります。
色々ありますが、私が持っている中でおすすめなのは、「筆サイン」です。

img_9733

通常のサインペンよりペン先が少し柔らかくなっていてしなります。普通のサインペンで書いているような感覚で、筆で書いたようなタッチの文字が簡単に書く事ができるのでおススメです^^


スポンサードリンク

年賀状の宛名のペンの色は何色でもいい?

年賀状に限らず、はがきや手紙の宛名には、使わない方がいい色というのがあります。
それは、赤と灰色です。赤色で名前を書くのは、縁起が悪いとされています。
その理由は様々で、赤字になる(貧乏になる)とか、お墓を連想させる、血文字を連想させるなどがあります。

また、灰色は、香典などに名前を書く時に使う薄墨と同じような意味合いでとらえられてしまうので、おめでたい年賀状には向いていません。

黒色やブルーブラックという色は公的な文書でも使われる色なので、どちらかの色で書くのが一番でしょう。黒で書いてあれば間違いはありません。

その他の色も、郵便局側で機械が読み取る事が出来なかったり、「非常識な人だな・・・」と思われる可能性もあるので、やめておく方がいいですね。

まとめ

ボールペンはどこのお家でも1本はあると思いますが、年賀状の宛名書きには向いていません。
筆ペンのように書けるサインペンも100均に置いてあったりしますし、文具店で買っても200円もしません。

スポンサードリンク

この際、1本はあて名書き用のサインペンや筆ペンを購入して置くのもいいと思いますよ^^

スポンサードリンク

 - 年末年始 ,