年賀状 友人の旦那の名前も宛名に書くべき?夫婦の順番と連名の書き方

   

b05ef97d9ad9d8d3f5ad441af91fe59f_s

年賀状をやり取りしている友人が結婚した場合、その旦那さん(もしくは奥さん)の名前も宛名の部分に連名で書いておく方がいいのか?とても、悩みますよね。特に面識がない旦那さんの場合は、連名で入れるのはおかしいのか?と疑問に思うと思います。

今日は、友人や知人が結婚した場合、相手の旦那様の名前を宛名に書くべきなのか?という所をご説明します!

スポンサードリンク

年賀状 友人の旦那の名前も宛名に書くべき?

今まで年賀状を送りあっていた相手が結婚すると、「旦那様(もしくは奥様)の名前も連名で宛名に入れたほうがいいのかな?」と悩まれる人も多いと思います。

友人の旦那さんとも友達関係だという場合は、連名にするのは違和感がありませんが、ほとんど面識がない、数回しか会ったことがないという場合も多くあり、この場合はわざわざ連名にするのも違和感がありますよね・・・。

そんな場合は、特に連名にする必要はありません。今までどおり、お友達の名前だけを書いて送れば大丈夫です。

ただ、旦那さんと仲がいいとまではいかないけど、何度も家に遊びに行っていて、会ったり話したりしたことがある場合や、家族ぐるみでお付き合いがある場合は、旦那さんの名前も入れないよりは、入れておく方がいいです^^
また、今はあまりお付き合いがなくても、今後、家族ぐるみでお付き合いがある可能性があれば、「今後もよろしくお願いします」という意味で連名にしておくのもいいかもしれませんね。

「連名にするほどではないけど、完全に旦那様に対して何も触れないのもちょっとなぁ・・・」という場合は、表書きの方に、メッセージで「ご夫婦で良き新年をお迎えのことと思います」のような「夫婦」を使った文面を入れておくといいですよ^^

年賀状の宛名 夫婦の順番は?

やっぱり連名で送ろう!という場合、友人と旦那さんの名前はどっちを先に書けばいいのか?という問題も出てくると思います。

気持ち的には、友人へ宛てた年賀状ですし、友人の名前の方を先に書いて、旦那さんを後に書きたくなりますよね。
しかし、このような場合でも、世帯主である旦那さんの名前を先に書き、奥さんである友人の名前を後に書くのが一般的なんです。

通常は、世帯主を主と考えて宛名を書くのが一般的であるため、女性の名前を先に書いてしまうと、場合によっては、非常識だと捉えられる方もいますので、旦那さんの名前を先に書いておく方がいいでしょう。

また、相手に子供さんがいる場合、子供の名前も入れたいなら、右から、旦那さん、奥さん、子供の順番で名前を書きましょう。あまりに書く人数が多くなってしまう場合は、「○○家御一同様」としてもOKです。


スポンサードリンク

年賀状の宛名で連名の書き方!

最後に、宛名の連名の書き方をご紹介します。

まず、名字は、右側(先に書く)の人だけにつけます。今回の場合は、お友達の旦那さんですね。
その横に、お友達の名前を書きます。「様」などの敬称は、それぞれ両方につけましょう。

例) 日本 太郎 様
      花子 様

(ブログの形式上、横書きになりましたが、縦書きでも同じです。)

名前の文字数が違う場合は、「様」の位置は合わせ、名前はバランス良く見えるように書きましょう。

例) 日本 一太郎 様
      花 子 様

まとめ

友人の旦那さんの名前を連名で入れるかどうかは、自分と友達の旦那さんとの関係性で考えるといいですね。

スポンサードリンク

特に面識もないのに、連名で名前を入れておくのは変だなと思う方も多いようです。実際、私の結婚前からの友人達は、年賀状には、私の名前だけで送ってくれています。
一応、皆、旦那には数回は会った事があるけれど、年賀状の宛名は私の名前だけです^^
その事で、旦那が「俺の名前書いてない」とか思ったこともないようですので、あまり深く考えすぎる事もないと思いますよ^^

スポンサードリンク

 - 年末年始 ,