日焼け対策 生活

男の日傘は気持ち悪いは昔の話!さすと恥ずかしい?使用者の口コミは

投稿日:

a127887595dfa8fbca2b93192853b6c0_s
直射日光が当たると、本当に体感温度が高くなりますね。

特に、通勤や営業の外回り、スーツを着ていて、暑い!

会社や取引先についたころには、汗だく・・・なんてことになっていませんか?

日傘をさしている女性を見ると、

うらやましい・・・と思っている男性は少なくないようです。

日傘をさしている男性って、最近ではちらほら見るようになりましたが、

まだ少数派なので、自分がさすのは勇気がいる。

でも、変な目でみられないなら、さしたいですよね~。

実際、みんなどう思っているんでしょうか?

色んな声を集めてみました。

スポンサードリンク
  

男の日傘は気持ち悪い!?それは昔の話です。

日傘というと、フリフリのレースが施されてあったり、

花柄だったり、形も丸くて、日傘=女性のイメージしかありませんでした。

なので、その日傘を連想してなのか、

男性が日傘をさすのは気持ち悪い!という声もありました。

最近では、紫外線が身体に及ぼす悪影響も取りざたされていますし、

年々、気温も上がってきていて、

特に、ビジネスマンはただでさえ暑いスーツを着て、帽子もかぶれずに外回りをしているので、

熱中症になる危険もあります。

自分の旦那さんやお父さんを心配して、日傘をプレゼントする女性もいます^^

日傘を使っている女性からすれば、

「涼しいから男性も使えばいいのに」と思っているくらいです。

男性も実は、日傘をさしたいと内心思っている人は多くて、

「日傘さす男って少数だし、誰か流行らせてくれたら自分も使うのに」

なんて思っている人も。

今は、男性用の日傘も売られていて、デザインも殆ど雨傘とかわらないですし、

ビジネススーツでメンズ日傘をさしていても、とくに違和感もなく、

スポンサードリンク

女性的な感じもないので、気持ち悪くなんかないですよ^^

男でも日傘をさしたい!でも恥ずかしい!

そうはいっても、みんなと同じでいたい日本人魂。

少数派の所には、なかなか行きづらいですよね(^^;)

でも、日光アレルギーや、一度熱中症で倒れてしまった人など、

必要に迫られて日傘を使ってみた男性たちは、

「思ったほど、周りから注目されなかった」

「さしてみると、さほど恥ずかしいと思わなかった」

と言っています。

案ずるより産むがやすしということでしょうか・・・。

始めは周りの目が気になってしまったりもあるかもしれませんが、

そこも慣れで、使っているうちに普通になってくるものです。

日傘をさしてみて、こんなに涼しかったのか!と、

恥ずかしさより、涼しさをとる!となるみたいですね^^

日傘には男性用がある!口コミはどう?

先ほども、男性用の日傘について、少しふれましたが、

男性用の日傘は、もう百貨店や通販などで、普通に購入することができます。

通販で購入した人の口コミを見てみると、

「もう手放せない!」

「疲労感が減った」

「もっと早く使えばよかった」

「使用してから、汗の量が減った」

「男がさしてても、注目されませんでした」

「日陰を連れて歩いているみたいでいい!」

「少し恥ずかしいけど、暑くないほうがいい!」

と、かなり好印象な口コミばかりでした。

初めて、日傘使ってみて、その涼しさに驚き&もう手放せない!

となるみたいですね~。

まとめ

男性でも、スキンケアしたり、ネックレスやピアス、指輪等、普通にしている時代です。

日傘も、そのうち男性もさすのが当たり前になってくるはずです。

恥ずかしさよりも、紫外線や直射日光をあびて、

身体に悪影響がでることを避けるほうがいいですよね。

昔ほど、男性が日傘をさすことに、抵抗を覚える人も少なくなっていますし、

むしろ、心配だから、さしてほしい!と思っている女性もいるので、

スポンサードリンク

恥ずかしがらずに、日傘をさしたい!と思っているなら、思い切ってさしましょう♪

スポンサードリンク

-日焼け対策, 生活
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

5円玉をピカピカにする方法!磨くとさらにきれいに♪賽銭にも

スポンサードリンク 5円玉は縁起のいい硬貨として知られていて、お賽銭として使ったり、お守りにしたりする方も多いです。 その際に、5円玉をピカピカにしてから、お賽銭なりお守りなりにしたい!という人も多い …

靴の脱水を洗濯機でするには?他の脱水方法は?

子供のスニーカーや上靴を洗った後って、乾かすのには時間がかかりますよね。 スポンサードリンク 特に梅雨など雨が続く時は、脱水もせずにドボドボの状態の靴を乾かすのは一苦労です。 洗濯機での脱水ができれば …

半夏生とは?タコを食べる理由は?どの地域でもタコを食べるの?

スーパーのチラシやカレンダーなどに、 「半夏生」の文字が書かれているのを目にして、 それって、なに?と不思議に思っている人も多いんではないでしょうか? しかも、タコを食べる日とか言われているし。 スポ …

ウエストのゴムがきつい時の伸ばす方法!お家で簡単に出来る

スポンサードリンク スウェットやパンツ、スカートなど試着せずに買ったり、試着した時は大丈夫!と思って買ったのに、帰って履いてみると、アレ・・・?やっぱりキツイ・・・なんて事ありますよね。 スポンサード …

オフィスでの足元の冷え対策!電気を使わない冷え対策とは?

スポンサードリンク オフィスでデスクワークをしていると足元が本当に冷えますよね。 足が冷えると、身体全体も冷えてしまって、かなりつらい。 スポンサードリンク 今日は、仕事中にできる電気を使わないエコな …